MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2そーだったんだ! > ○○との違い

キタ・ミナミ
【きたみなみ】

大阪の「キタ」と「ミナミ」って、いったいどこ?

大阪では「キタ」とか「ミナミ」といった分け方をよくするが、どのような違いがあるのだろうか。当然ながら、「北区」「南区」といった、行政的な区割りではない。イメージとしては、「キタ」は洗練されていて、ちょっと高級な感じで、「ミナミ」は、いかにも大阪らしい、雑然とした町並みで活気に満ちているといった感じだ。大阪のシンボルの一つでもある「くいだおれ人形」や大きなカニを模した看板などは、「ミナミ」にある。明確な境は存在しないが、一般に、梅田を中心とした福島、天満などが「キタ」、道頓堀を中心とした心斎橋や難波、天王寺、阿倍野あたりを「ミナミ」と呼んでいる。距離的にはそれほど離れていないにもかかわらず、まったく対照的な町の性格になったのは、歴史的な事情からである。大阪は商人の町だが、商売をするには地元の人間だけではできない。取引先が必要である。そのため大阪は、古くから大阪以外の人々が集まり、交易する場所があった。その中心になったのが「キタ」の界隈である。近世に入ると、「キタ」一帯は、各藩の蔵屋敷が立ち並んだ。その後は大企業がオフィス構えるようになり、どちらかというとホワイトカラーの町といった色あいが濃くなっていった。そして、社用で近くの飲食店を使う場合が多いことから、「キタ」の飲食店は上品で高級な、接待用の店が多く軒を連ねることになった。一方、「ミナミ」は「キタ」よりもはるかに古くから栄えた地域で、地元の人々が多い。そのため、古くから商売を営んでいる自営業などが多い。また、明治時代以降は、花街が発達し、芝居小屋街や宿場などが並んだ。地元住民は河内や和泉の出身者が多く、言葉も多少荒削りな感じがする。そこから、いかにも「こてこての大阪」といったイメージができあがっていったのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820215

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト