MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼イイダコは白くてつるんとしたものが大好き

東京湾では遊漁船に乗ってのイイダコ釣りが盛んだ。これは道具からして愉快だ。ハリとオモリの付いた羽子板状の板に、疑似餌としてなんとラッキョウを凧糸でしばるのである。短いサオを使い、船から少し遠目に仕掛けを投入して糸ふけを取り、あとはただ待つだけ。じわーっとしたアタリがあれば、大きく合わせてすばやくリールを巻く。疑似餌にはラッキョウのほか、白い陶器や豚肉の脂身なども使われる。イイダコというのは、白くてつるんとしたものが好みで、それが目の前にあると、つい抱きつきたくなるらしいそんな変わった習性のために一生を終えてしまうなんて、ちょっとかわいそうな気もする。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070240


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト