MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼小型底曳網船14隻でカレイ類やシタビラメを漁獲

福島県の亘理(わたり)町は阿武隈川河口に開けた町で、河口近くに鳥の海という大きな潟が広がる。阿武隈川によって多量のプランクトンが森から海へ運ばれ、浜や潟が小動物の生息に格好の環境を作る。その小動物やプランクトンをエサにする魚介が集まるこんな好条件を備えた亘理町の海が絶好の漁場であることはいうまでもない。
亘理町には定置網、小型底曳網、刺し網、ノリ養殖、貝ケタ漁の漁法があり、ここの朝の水揚げ風景は見ていて飽きない。とくに小型底曳網漁が盛んで、10トン未満の漁船が14隻。3~4月の禁漁期間をのぞいて年間出漁している。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070188


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト