MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼瀬戸内海の伝統漁法、撒き釣りの妙味

瀬戸内海のほぼ中央に位置する白石島で、スズキのエラ洗いを見物して胸高まらせたことがある。漁師でもある民宿「中西屋」の主人夫婦が、「スズキ漁に出船するから一緒に乗りませんか」。小さな漁船で10分も走ると船を止めて手釣りの準備。一人で2本の道具を使う。1本の釣り糸には撒(ま)き餌(え)の小エビを数尾入れた小さな網カゴを結びつける。もう1本がエサの小エビをかけた2本バリ。この2本の道具を巧みに使って魚を誘うのが瀬戸内海の伝統漁法・撒き釣りだ。
「きた!」と弾んだ声が飛んだ。沖を見つめると、ハリがかりしたスズキが海面から姿を現わして大きくジャンプ。ブリなど多くの魚はハリがかりすると深場に向かって走るが、この魚は海面から大きく跳んだり、急に向きを変えて突っ走ったりする。釣糸を強引にとりこめば糸が切れるし、糸をゆるめればエラ洗いの一発で切られてしまう。一瞬たりとも気を抜けない。この緊張感が多くの釣人を惹きつけるのだろう
この日中西屋の夕食でスズキの姿造りを堪能した。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070416


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト