MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼東北でベロ、瀬戸内でゲタ、九州でクツゾコ

アカシタビラメもクロウシノシタも奇妙なネーミングだが、シタビラメほど愉快な地方名をたくさん持っている例をほかに知らない。東北ではベロ、あるいはウシノベロ。瀬戸内海の小島ではゲタの通り名がある。香川県ではウマノシタ、九州ではクツゾコ、鹿児島ではセッタ。福岡ではセッタノウラガワと聞いたこともある。北陸のネズリは「なめる」意味がある。誰でもその形から舌や履き物を連想するのであろう。
ヨーロッパでも、Sole(靴底)、Tonguefish(舌の魚)の名があり、この魚に関しては洋の東西を問わず同様のイメージなのがおもしろい。なおフランス高級料理で知られるドーバーソールは、ドーバー海峡で漁獲される大型のシタビラメのこと。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070187


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト