MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼年の暮れの漁師はババガレイ漁に熱くなる

正月にババガレイ煮付け食べる習慣があるため、宮城県の浜では年の暮れになると値段が急上昇する。1キロ数千円。それでもなかなか手に入らない。そこで漁師たちは自家用を確保するため、ババガレイを狙って出漁する。阿部さんもその一人。「『ひらもの』を食べるため、正月近くなるといつもは砂地にかける刺網をナメタのいる岩地にかけることにしているんだ。岩にひっかかって刺網が破れることもあるけど、正月料理のためには覚悟しているよ。それでも、みんなが狙うから1日1枚か2枚しかとれないなあ」と漁の名人は苦笑するのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070614


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト