MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼南三陸地方では欠かせない正月料理

見てくれは冴えないし特有の匂いもある。ところが宮城県の海岸線の人々は、このカレイを大いに好む。北海道沿岸のババガレイは、冬になると三陸沖へ回遊して春に産卵する(移動速度は一日におよそ10キロと、意外に速い!)。したがって宮城県沖で獲れるババガレイは腹に卵を抱えている。それが特別に美味だからこの地の人が好むのにちがいないとぼくは考えていた。取材を続けていると、それだけではないことがわかった。この地方では、正月にババガレイ煮付け食べる習慣が、古くから伝わっているのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070612


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト