MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼志津川だけ(?)の伝統料理「ひらもの」

三陸海岸南部の志津川(しづかわ)町では、正月の膳にババガレイが並ぶ。その漁師町で民宿「松波荘」を経営する漁師の阿部孝義さんはこう教えてくれた。
「ここらは魚が豊富だから、ナメタが特別にうまいとは思わないけどなあ。理由はおれにもわからないけど、ここらでは昔から正月には必ず食べることになっているんだ。料理も独特だなあ。ナメタを天日に干して、いろいろな野菜と一緒に醤油味で煮るんだ。この料理を『ひらもの』と呼んでいる。もっとも、若い世代では漁師でも正月に食べない人はいるよ。伝統がすたれるのは残念だけど、正月のナメタは高価だから仕方ないともいえるね」
ぼくの取材の限りでは、宮城県の広い海岸線でも、「ひらもの」という興味あるババガレイ料理を受け継いでいるのは、ここ志津川だけである。ほかの浜では、いわゆる煮付けを正月料理の一つとして並べている。あるいは以前は「ひらもの」だったのが簡素化されて煮付けになったのかもしれない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070613


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト