MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼紀州漁師は伝統漁法でマダイを狙う

和歌山市の加太(かた)は、カブラ釣りという伝統漁法でマダイを狙う数少ない土地だ。ベーゴマ状の鉛のオモリにハリを直接結び、道糸にはカミツブシと呼ぶ小さな鉛のオモリをかませる。紀州漁師がこの道具を使うと、エサの小エビがいかにも踊っているように跳ねて、それが魚の食欲を誘うのだ。エサは時期によって小エビ、耳イカ、青イソメ、疑似餌を使い分けるコマセを一切使わないのは紀州漁師の矜持(きょうじ)であろう。
加太ではマダイを活魚で出荷する。そのため漁師は船上でちょっとしたワザを使う。「マダイを釣り上げたら、用意しておいた竹バリを肛門から深く差し込んで、空気袋を突いて空気を抜く。これをしないと死んでしまって活魚にならないからな」。加太の漁師は主に友ケ島海域から田倉崎突端までの海域でマダイを釣る。マダイの名産地はどこでも「ここの速い潮がうまいタイを育てる」と自慢する。加太も例外ではない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070048


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト