MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

刺身
【さしみ】

なぜ「切り身」ではなく「刺身」なのか?

刺身は、いうならば魚の「切り身」のことなのだが、なぜか「刺」す「身」と書く。いったい何を刺すことによってその名がついたのだろうか。結論からいってしまうと、昔は切った魚が何であるのか食べる人にわかるように、その魚の尾ヒレやエラの部分を魚肉に刺しておく習慣があったからだという。それがいまでは、その尾ヒレやエラを刺す習慣はなくなったが、生の魚の切り身を刺身というようになったようだ。最近では、魚だけでなく、肉やこんにゃくなども生で食べる場合は刺身といったりする。一説には、「切る」という言葉が、武家社会では忌詞であったため、包丁で身を「刺して」小さくするという意味で「刺身」となったともいわれている。刺身の登場は古く、文献では一四四八(文安五)年の『康富記』という庶民の生活を描いた日記に「鯛刺身」という記述があるが、水産物が豊富な日本では、古代より生食の習慣はあったと思われる。ちなみに刺身の「つま」の語源は、夫婦の関係に見立てて、刺身の「妻」とする説、料理の「端」に置かれるからという説などがある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820352

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  エレファンツ・ブレス  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト