MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 魚類

サケ
【さけ】

「サケ」は赤身か白身か?

魚には赤身、白身という分類があるが、「サケ」の色はある種独特で、マグロやカツオのように赤身でもないし、タイやヒラメのような白身でもない。オレンジにも近い、いわゆるサーモンピンクなのだが、赤身と白身どちらなのか。それを調べるために、サケの身をすりつぶして色素を抽出してみた人がいる。漉してみて抽出されたのは透明な液体だった。マグロを同じようにすると赤い液体が抽出される。この赤い色の正体はヘモグロビンやミオグロビンといった色素たんぱく質であるヘモグロビンは、ご存知のように血液中にあって酸素を運ぶ役目をするが、ミオグロビンは筋肉のなかにあって、ヘモグロビンから受け取った酸素を貯蔵する。マグロやカツオサンマなどの長い距離を回遊する魚は、運動量が豊富で酸素をたくさん必要とするから、これらをたくさん持っているのだ。水産学では、そのヘモグロビンとミオグロビンを多く含んだ身の赤い魚を「赤身」としているので、正式にはサケは赤身の魚ではなく、白身の魚ということになる。では、あのサーモンピンク鮮やかな色はどこからきているのだろう。それは、サケの餌に理由がある。エビの仲間であるオキアミなどの殻には、アスタキサンチンという赤い色素が含まれているが、サケはそれらを食べることによってその色素を身に蓄積して赤くなるのだ。その証拠に、サケの稚魚は白身である。ちなみにエビやカニを加熱すると赤くなるが、そのもとはアスタキサンチンだ。そういえば、サケの身の色は、濃いものと薄くなっているものがあるが、これは餌の量だけで違ってくるわけではない。同じサケの身を比べても、身の色がだんだん白っぽくなる時期がある。とくにメスの場合は、産卵期になると、自分の身の色である色素と栄養を、自分のお腹に抱いている子どもたち(イクラ)に渡してしまうからである。なお、「青魚」とは、サバやアジなど外見が青い魚のことで、身の色とは関係がない。赤身の青魚も白身の青魚もいる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820351

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト