MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 歴史

桜田門外の変
【さくらだもんがいのへん】

井伊直弼は、日本刀でなくピストルで殺された

日本の行く末に頭を悩ませ、幕府の弱体化に胸を痛めていた大老井伊直弼が、水戸藩士に襲われて命を落としたのが桜田門外の変だ。一八六〇(安政七)年三月三日、彦根藩邸から登城の途中のことだった。雪のなかを進む駕篭が襲われ、斬殺された井伊の鮮血で雪が真っ赤染まる……というのは、幕末を扱った時代劇ではおなじみのシーンである。確かに水戸藩士たちは、井伊の首をはねた。護衛の武士たちとの斬り合いもあっただろうから鮮血も飛び散ったに違いないが、井伊直弼の死因は斬殺ではない。襲撃した水戸藩士たちはピストルを五丁も用意していて、駕篭を狙って撃っている。その弾が当たって動けなくなっていた井伊を殺したというのが真実に近いようだ。残されている井伊の遺体検分書には、「致命傷は、太腿から腰にかけての銃創」と記されているというから射殺ともいえる。ほとんどの記録が斬殺となっているのは、死後に駕篭から引きずり出されて首をはねられたからのようである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820349

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト