MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

佐久間象山
【さくましょうざん】

妙案「風船爆弾」は幕府に不評でも、後の第二次世界大戦で軍部が採用!

信州松代藩出身の兵学者佐久間象山は、江戸遊学中に海防の重要性に目覚めた。幕末、清国ではアヘン戦争の起こった時代であり、このニュースを知った象山は、西欧諸国の侵略の危機に備える兵学を学ぶうち、日本を守るためには海防が最優先だと考えるようになった。一八四二(天保一三)年には、「海防八策」としてまとめた国防案を、老中を務めていた藩主を通じて幕府に上申するほど積極的だった。なかでも特筆すべきは、洋式軍艦を建造し、海軍の育成を進言している点だ。この時代の日本は、ようやく沿岸に砲台を据えることに手をつけたばかりで、軍隊といえば陸軍しかなかったのである。しかし、幕府はこれを無視し、象山の弟子である勝海舟が後に海軍の育成を実現するまで、日本は無益な時代を過ごすことになる。鎖国を金科玉条としていた当時の幕府にとって、外国船に攻撃される可能性など考えられないことで、その対応策などは無駄以外の何ものでもなかったのだろうところが、象山の先見性は一〇年あまりで証明された。一八五三(嘉永六)年に、浦賀へペリーがやってきたのだ。国防に慌てはじめた幕府に、象山はいまからでは遅すぎると直言し、逆に怒りを買って、妙案がほかにあるのかと詰め寄られる。そのとき彼が提案したのが風船爆弾だった。風船に爆弾を吊り下げて太平洋に飛ばせば、偏西風に乗ってアメリカへ届く。そのとき上空で爆発させれば最高の攻撃になるというものだ。これで、ますます幕府の不興を買ってしまったのだった。しかし象山のこの策は、決して突拍子もない案とはいえないのである。さらに一〇〇年近くを経た一九四三(昭和一八)年、風船爆弾は実際に試みられた。日本軍が和紙でつくった風船を飛ばし、アメリカ本土を攻撃しているのだ。結果は大成功とはいいがたいものの、火災、爆発、山火事などをアメリカ本土に起こさせたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820347

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト