MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

坂本龍馬
【さかもとりょうま】

一四歳まで「おねしょ」していた維新の立役者!?

明治維新の立役者、坂本龍馬は、驚くべき先見性を持ち、剣術に長けた英雄というイメージが強いが、幼い頃には、およそ英雄らしからぬエピソードばかりが残っている。龍馬は裕福な家に生まれ末っ子である。両親や兄、姉たちにかわいがられ、お坊ちゃまとして育った。甘やかされたせいなのか、鼻を垂らした泣き虫で、いつも近所の子どもたちにからかわれていたようだ。勉強もからっきしダメで、塾も続かず、おまけに一四歳までおねしょが治まらなかったという。そんな龍馬が変化したのは、一二歳で母親が亡くなり、四歳年上の姉、乙女めが龍馬の教育をするようになってからである。乙女は母親代わりになって、読み書きや剣術を教えた。そして一八四八(嘉永元)年、一四歳になった龍馬を日根野道場に通わせたのである。これにより龍馬は大きく変化した。剣術が楽しくて仕方がなかったようで、一日中稽古に励みはじめた。その途端、おねしょはピタリと治まり、泣き虫も姿を消して、瞬く間に英雄らしき片鱗を見せはじめたのだ。もし龍馬が道場に通っていなかったら、日本の夜明けはなかったかもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820345

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト