MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > モノ

金かくし
【きんかくし】

和式トイレの「金かくし」は、もともとはレディス用

和式便器の前を覆っている部分を「金かくし」と呼ぶ。これは武士がつける鎧の前腰の部分の草摺の通称でもあり、ちょうど男性器を隠すように下がっているところから通称されるようになったものだ。その通称が、ちょうど男性が大の用を足そうとしゃがんだとき、便器前の遮蔽部分が草摺と同じような役割になるため、便器にも流用されるようになった。これが「金かくし」の由来だといわれることがある。確かに隠してくれるのは「金」だが、本来は「衣」と書いて「きぬかくし」といっていたのがなまったものだ。このときの「衣」とは、平安朝の貴族女性が身につけていた十二単をさし、「きぬかくし」は彼女たちが用を足すときに使われていた小道具に由来しているのである。内裏に仕える高貴な女性たちなどは、樋殿という用足しに使う場所で、清筥あるいは虎子と呼ばれた専用の箱を便器として使っていた。便器とはいえ、漆塗りで金銀や螺鈿の細工の施されたもので、おつきの女官がうやうやしく捧げ持って運んだ。女官たちは樋殿で用足しの世話をしたが、いちばん大事なのは、重ね着している十二単の処理である板張りの樋殿には畳が一枚だけ敷かれ、その中央に便器である清筥を置く。さらに、その後ろにT字型の板を差し込む。この板に、清筥にまたがった女性の十二単の裾をひっかけるのが、女官たちの役割だ。あれだけの重ね着は、自分一人では扱いきれないため、数人がかりでめくり上げたり広げたり、板に架けたりという作業が必要になるのだった。こうしてT字型の差し込み板は、広げ架けた衣によって用を足す下半身の姿を隠すことから「衣かくし」と呼ばれるようになり、後世になって便器の前に取り付けられるようになっても名前だけが残されたわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820239

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト