MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 宗教

キリスト教
【きりすときょう】

宗派によって微妙に違う、キリスト教徒の十字切り

キリスト教徒と切っても切れない関係にあるものといえば、十字架と十字を切る祈りの形態だろう。しかし、キリスト教徒はみな十字を切って祈るものだというのは間違いであるキリスト教徒のなかでも、プロテスタントは十字を切らないのが一般的だ。では、プロテスタント以外の宗派は、みな一様に十字を切るのかというと、これも正しくはない。十字を切るという仕草は、まず右手を頭から胸まで縦に移動させ、その後、左右の肩のラインで横に移動させる。いわゆる十字の形に添って、右手を動かすわけだが、その際、右肩が先か左肩が先かによって宗派が分かれる。右肩を先にするやり方ならロシア正教式。反対に、左肩が先ならカトリックである。十字を切る意味は、頭から胸の縦のラインが、イエスが天界から下界へ降りてきたことを示し、左右の横のラインは、神の愛によって、罪を意味する左側から、善を意味する右側へと導かれることを意味する。ロシア正教もカトリックもこの意味に変わりはない。ただ、右と左の順番が逆になるのは、イエスに対して、同じ側に立つのか、向かい合っているのかといった解釈の違いにより変わるだけだ。そのため、ロシア正教でも、司祭以上の聖職者が信者を祝福するときには、十字の切り方が、上から下、左から右へとなる。また、十字を切るのは右手だが、右手の使い方も微妙に違う。カトリック式では、五本の指全体を使う。五本の指は、キリストの五カ所の傷をあらわすという考え方からだ。一方、ロシア正教では、使うのは親指と人さし指、中指の三本だけ。残る二本の指は、内側に折り曲げておく。三本の指は、イエスとその父である神、そして聖霊をあらわしており、彼らは三位一体であるという思想からきているといわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820237

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト