MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

キヨスク
【きよすく】

実は殉職職員の遺族救済のために生まれた!?

JRの駅の売店「キヨスク」。毎日の通勤や通学途中でお世話になっている人も多いだろう。あの小さなスペースからは想像もできないほど多くの商品を取り扱い、一度に多くの客をテンポよくさばいていく熟練スタッフの技にはため息がでる。このキヨスク、実は一九七三(昭和四八)年以前は「鉄道弘済会駅売店」という堅苦しい名前だった。鉄道弘済会は鉄道事故で亡くなったり退職せざるを得なかった、国鉄職員の家族の福利のための団体で、家族の生活を支える職場として国鉄構内での売店事業をはじめたのである。当時の鉄道員の仕事は危険なものも多く、また保険制度などがあまり充実していなかったので、残された家族が路頭に迷うことも多かったようだ。七三年に鉄道弘済会創立四〇周年を記念して売店の名前変更が計画され、様々な候補のなかから選ばれたのが「キヨスク」だった。最終候補に残ったものとして、「キヨスク」のほかに「グリーンショップ」「ユアメート」の二つがあったが、最終的に「ヨーロッパの国々で駅売店が「KIOSK(キオスク)」と呼ばれているから、という理由で決定した。もっとキヨスクに改名される以前から、国鉄の案内標識に英訳として「KIOSK」と書かれていたというから、妥当なところにおちついた、といった感じだろうか。なぜ「キオスク」ではなく「キヨスク」かというと、「清く」あるいは「気安く」利用してほしいという意味がこめられていたようだ。ちなみに「KIOSK(キオスク)」の語源は、トルコ語で「あずまや」を意味する「キウシュク」。さらにそのルーツは、ペルシア語で「宮殿」を意味する「コーシュク」に由来するのだという。宮殿とまではいかないが、確かに通勤・通学途中のかけがえのない憩いの場には違いない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820236

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト