MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

ポッキー
【ぽっきー】

「ポッキー」は、海外では「ミカド」

チョコレート菓子の「ポッキー」は、子どもはもちろん、ウイスキーのつまみにもなるので大人にも人気だ。発売当時、チョコ菓子なのに手を汚さずに食べられる気軽さが消費者の心をつかんで大成功。いまもなお売れ続けているヒット商品である。さて、このポッキーは、いわずと知れた江崎グリコの商品だが、発売当初は「ポッキーチョコレート」ではなく、「チョコテック」という商品名だった。グリコによると、「チョコテック」とは、チョコスティックをもじり、テクテク歩きながら食べるチョコという意味でつけられたという。スティック形のチョコは珍しい時代だったから、商品のインパクトをそのまま名前にしたのだ。しかし、ちょうどその頃、ポッキーの先行商品であるリッツの広告では、「カリポリカリポリ」と食べる音を音楽化して大ヒットしていた。当時は、食べる音を表現する手法がはやっていたのであるそこでグリコは、一九六七(昭和四二)年秋に京阪神でテスト販売し、翌年には全国販売するという段階で商品名を再検討食べるときの音をダイレクトに表現した「ポッキーチョコレート」を商品名にした。いまでは、チョコ味だけでなくアーモンドやいちご味など、種類も豊富で、不動のスナック菓子としてその座をキープしている。ところで、海外では「ポッキー」は販売されていないことをご存知だろうか(一部地域を除く)。実は「ポッキー(Pocky)」は英語で「あばたのある」といった意味になり、また男性器をあらわす隠語でもあるためイメージがよくないのだ。そこで、ミカドゲームに使われる棒に形が似ていることから、ほとんどの国で「Mikado」という名で並んでいる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820817

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト