MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 服装

ボタンホール
【ぼたんほーる】

ボタンホールは、何のためについている?

会社の社章などをスーツの襟元にあるボタンホールに付けている姿をよく目にするが、実はこれ、日本人独自のスタイルである。そもそもスーツ自体は欧米から伝わってきたものだから、ピンバッジなどを胸につける習慣も欧米のものなのだろうと思ってしまうが、欧米では、軍隊などで身分の高い人や、国家から勲章のようなものをいただいた人など、よほどのことがない限りあのスーツの穴には何も飾らないのが普通である。では、あの穴、なぜついているかというと、もとは詰襟のボタンホールだったのである。いまもあるのは、その名残なのだ。そもそも上着の原型というのは軍服である。軍服の詰襟が外側に開いたものが、つまりはいま一般に着られているスーツである。首の辺りが楽に着られる開襟の服という発想なので、デザインするときに、その詰襟のボタンホールの風情が残るようにと考えられたというわけである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820815

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト