MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 服装

ボタン
【ぼたん】

シャツのボタン合わせが男女逆である納得の理由

和服は男女の区別なく右の身頃が下になる襟の合わせだが、洋服になると、男性は右身頃が下にくる合わせで、女性は右身頃が上になった合わせである左利きを差別するわけではないが、普通に右利きの人がシャツコートを着てボタンをかけようとすると、右手にボタンを持って左のボタンホールに通すほうがやりやすい。つまり、男性の合わせのほうが理にかなっている。上着の内側に隠しポケットをつけるにしても、左胸のあたりにつけておけば、右手を滑り込ませやすい。では、なぜ女性の洋服は逆になっているのか。実はこれ、一説では、中世の頃に由来がさかのぼるという。当時、ボタンつきのシャツなどという手の込んだ仕立ての服は、限られた上流社会の貴婦人しか着ない高価なものだった。そんな貴婦人は、洋服を自分で着ることなどなかった。ただ突っ立って、メイドや小間使いといった使用人に着せてもらっていたのである着せる役目をする小間使いにとっては、左身頃にボタンがついているほうが着せやすかったというわけだ。ちなみに、女性の合わせが逆になっているのは、男性のためだという説もある。女性のシャツボタンをはずして、するりと脱がせやすいからだというのだが……。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820814

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト