MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

ホームラン
【ほーむらん】

史上最大のホームランは、一九三メートル!

毎年熾烈なホームラン王争いが繰り広げられるアメリカのメジャーリーグ。二〇〇六年のシーズン終了時点で、ホームラン通算記録歴代第一位は、ハンク・アーロンの七五五本、シーズン記録では二〇〇一年にバリー・ボンズが記録した七三本が歴代一位となっている。ところで、史上最大のホームランは、どれぐらいの距離をかっ飛ばしたものなのだろうホームラン五三六本で、通算記録歴代一三位のミッキーマントルヤンキース)は、史上最大のホームランを打った男としても知られている。一九五三年四月一七日ワシントンのグリフィス・スタジアムでおこなわれた対セネタース戦。彼が放った打球は、左中間スタンドの上にあったスコアボード最上部のさらに上を飛び越え、場外へ飛び出していった。その距離はなんと五六五フィート(約一七二メートル)。メジャーリーグの公式記録としてはこれが史上最長、いいかえれば史上最大のホームランとなっている。これ以降、巻尺で距離を測る必要があるくらいの特大ホームランは、「テープメジャーショット」と呼ばれるようになった。ちなみに公式記録ではないもののギネスブックで公認されている世界最長ホームランもある。打ったのは同じくミッキーマントルギネスブックには、一九六〇(昭和三五)年九月一〇日に、ミシガン州のデトロイトにあるタイガー・スタジアムで打った場外ホームランが載っており、その距離は六四〇フィート(約一九三メートル)。文句なしの史上最大のホームランであるミッキーマントルは一九五五年、一九五六年、一九五八年、一九六〇年に本塁打王を獲得している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820812

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト