MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

桜餅
【さくらもち】

長命寺と道明寺に共通するものは?

長命寺道明寺に共通するものは何?という質問にすぐに答えが出せる人は、かなり食いしん坊で甘いもの好きに違いない。どちらも桜餅にゆかりのある名前だからだ。長命寺というのは、東京は向島にある実在の寺の名で、桜餅発祥の地とされている。道明寺というのは、これも大阪は藤井寺市にある実在の寺の名で、この寺に由来する道明寺粉は、関西で定番の桜餅の材料であるどちらにも共通なのは、塩漬けにした桜の葉だ。桜の葉は塩で漬けることで発酵し、独特の芳香を放つようになるのだ。江戸は向島の長命寺の門番が、あまりにたくさん散る桜の葉を見て、何かに使えないかと考えて生み出したのが桜餅だと伝えられている。彼は、薄く焼いた小麦粉の皮であんこを包み、それを塩漬けの桜の葉でくるんだ。この香りのよい菓子は、向島の花見客の間で評判になり、やがて江戸に春の到来を告げる名物へと成長した。いまやシーズンには東京のどこの和菓子屋でも見かけられる風物詩的な和菓子である。一方の関西では、桜の葉の塩漬けでくるむところは同じでも、粗めに挽いた道明寺粉を用いた皮であんこを包み、おはぎ状にしたのが定番のスタイルだ。道明寺粉は、道明寺の尼が乾燥させたもち米(糒=干飯)を挽いて粉にしたことがはじまりといわれ、もち米を水挽きした白玉粉とは違い、もち米を一度蒸してから乾燥させ、それを粗く挽いた粉である。江戸風、関西風、どちらの桜餅も桜の葉ごと食べられ、葉のほどよい塩気と香りが風味を増す役割を果たしている。いまでは桜餅専用に大島桜の葉が塩漬けにされていて、伊豆半島の松崎町が全国シェア七割を占める一大生産地になっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820350

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト