MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

全国五つ星の手土産近畿 > 奈良県

御城之口餅[本家菊屋]
【おしろのくちもち】

郡山城大手門前で誕生した
秀吉もこよなく愛した餅菓子

御城之口餅[本家菊屋]

天正13年(1585)、郡山城主・豊臣秀長の御用菓子司として創業。秀長から、兄の秀吉を招く茶会の菓子作りを命じられた初代菊屋治兵衛は、つぶ餡を餅でくるみ、黄な粉をまぶしたひと口大の餅菓子を献上した。秀吉はこれをたいそう気に入り、「鶯餅」の名を与えたと伝わる歴史的な銘菓である。菊屋の店舗が郡山城大手門入口にあることから、この鶯餅はいつしか「城の入口で売っている餅」、つまり御城之口餅と呼ばれるようになったのだという。
原材料には、丹波大納言小豆と近江のもち米、国産青大豆の黄な粉を使用。口に入れると黄な粉の香ばしさがいっぱいに広がる。あっさりとした甘さは上品で、自然の恵みを感じさせ、400年以上にわたって受け継がれてきたのもうなずける。このほかにも、洋風焼菓子の菊之寿や干菓子の南都七大寺、つみ小菊など上品で繊細な菓子が揃っている。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「全国五つ星の手土産」
JLogosID : 14071864

この辞典の個別アプリ

全国五つ星の手土産
岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・味・地元定着度・地元推奨度・全国的知名度などの観点から厳選して368品を紹介。

【辞典内Top3】 伊万里焼饅頭[エトワール・ホリエ]  えがらまんじゅう[饅頭処つかもと]  飛騨のかたりべ[飛騨菓子匠 音羽屋]  
【関連コンテンツ】

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 

関連書籍

 東京書籍「全国五つ星の手土産」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:3,024
収録数:368選
サイズ:19.6×12.4×4cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487801350

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト