MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京五つ星の魚料理和食処・魚介居酒屋 > 台東区

魚料理 遠州屋
【さかなりょうり えんしゅうや】

料理の品数と量の多さ、質のよさ

毎日使用する食材が魚介類だけで50~60種、すべて合わせれば200~300種にものぼる。つまりそれだけ料理の種類が豊富だということ。なにしろ定番の品書にざっと140種、月替わりが約30種、そして昼の2500円から夜の2万5000円まで、30種ほどのコース料理がそろう。これだけの料理を素材の質を落とさず、量も多く、しかも大衆値段で提供できるのは、当然ワケがある。

日本料理店などで修業した創業者がこの店を開いたのは昭和41年。包丁こそ握らなくなったものの、今でも毎日河岸に出かける魚の目利きだ。仲卸に「注文の多い料理店」と敬意を込めて揶揄されるほど信用があるから、いいものを安く売ってくれる。自家店舗だから家賃分を上乗せする必要もない。河岸の職人がよく来るのも、この店の「いいものを安く方程式」を熟知しているからに違いない。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「東京五つ星の魚料理」
JLogosID : 14071057

【お隣キーワード】ひがし北畔  行徳  鮨 松波  すし游  
【辞典内Top3】 すし 天ぷら あき  銀座 江島(閉店)  大分郷土料理 とど  


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京五つ星の魚料理」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:1,728
収録数:
サイズ:20 x 12.2 x 2cm()
発売日:2008-12-01
ISBN:978-4-487-80247-0

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト