MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼害魚変じて北の海の代表格に

ホッケの語源はアイヌ語の「ポッケ」といわれる。漢字で書くとN。稚魚がコバルト色で美しいことから、この字を当てたらしい。この開き干しは、今や居酒屋で人気メニューの一つだが、かつては害魚として扱われていた。ニシン漁が盛んだった時代、根拠はわからないが、ホッケはニシンの卵を食うといわれ、漁師から天敵のように嫌われていたのだ。ところがニシンがバッタリ獲れなくなると、害魚のホッケが表舞台に立って水揚げに貢献するのだから世の中どう変わるかわからない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070639


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト