MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ブダイのべっこうずしに大喜び

なかでもブダイ料理は感激ものだった。べっこうずしは醤油とみりんの汁に漬け込んだ身をネタにすしをにぎったもの。ヅケにすることでもちもちした歯ざわりに変わり、一段と風味を増す。白身がべっこう色に変わるからべっこうずし。また、島ずしとも呼ばれる。
ブダイのあんかけは1尾のまま油で揚げ、ニンジンやサヤエンドウなど野菜入りのあんをどっさりかけてある。油で揚げることで白身にコクを増し、あんと魚、野菜との絶妙な相性を生み出す。ほくほくとした白身を無心に食べ尽くすのみだった。新鮮だから匂いも感じない。ブダイのつっこし汁は式根島の伝統料理。味噌汁に魚の頭も骨も「つっこした」(突っ込んだ)一品だ。ほのぼのとした風味に仕上がっていた。誰です? ブダイはまずい魚なんて無責任なこといい出したのは。
「ふだんはキンメ料理が主体なのですが、今朝は海がシケていたので、磯魚のブダイが中心になりました」と実知子さんがすまなそう。いやあ、海がシケたのを心から感謝しました。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070637


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト