MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁師宿の膳は海の幸がふんだん

ブダイは刺身や煮付け、鍋、味噌汁などに料理されるが、匂いが強いためうまくない魚とされている。実はぼくもそう思い込んでいたのだが、式根島の民宿「潮風」であっさりとくつがえされてしまった
「潮風」の主の前田清さんはれっきとした漁師であり、奥さんの実知子さんともども調理師の資格を持つ。おいしい宿の条件はそろっている。清さんは一本釣りで、一年を通じてキンメダイやメダイを狙って出漁する。刺網でイセエビや青ムロアジトビウオのほか、ブダイなどの磯魚を多く水揚げすることもある。風が強くて出漁できない日和には、磯の穴場で大好きブダイ釣りに興じるだから「潮風」の夕膳に海の幸ふんだんに並べられるのは、ごく当たり前のことなのだ。その日の夕食は、メジマグロとアオムロアジブダイの刺身盛り合わせ、アオムロアジトビウオの身を使ったたたき、ブダイのべっこうずし、オットンボという巻き貝、ブダイのあんかけ、ブダイのつっこし汁など。今思い出しても心が豊かになるほどだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070636


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト