MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼冬の余別の海はホッケであふれる

北海道積丹町余別の角田喜一郎さんは明治44生まれだが、ついこのあいだまで現役の漁師だった。年季が入っているだけに、この人の漁の話は面白い。「ホッケは季節によって通り道がちがうから、ホッケ狙いの中型定置網は春と秋と冬とで場所を変えて仕掛けているよ。冬には大型定置網でもホッケを狙うから、その頃の余別はホッケがあふれているんだ」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070641


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト