MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁師の沖料理で人気

鳥取県岩美町で、ババア改めババチャンに再会した。あらためて観察すると、やっぱり怪魚である。頭の幅は幅広く、体は細長く縦に扁平。口が大きくて歯が鋭く、いかにも獰猛。つぶらな瞳がほかの造りとアンバランスで、それが妙に愛嬌になっている。ウロコは小さく埋没気味で、頭部と腹部にはウロコがない。体色は全体に褐色だが腹部は白色。その姿からキツネとも呼ばれるとか。「味がよいので、地元ではもともと人気があったんですよ。沖合底曳漁の漁師さんたちは、3日に1回は沖で鍋や甘炊きで食べていたと聞いてます」とババチャン肩を持つのは、岩美町浦富で民宿「福の家」を切り盛りする福本則子さんだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070620


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト