MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼おいしさではアンコウ顔負けのババチャン鍋

ババチャン料理の定番は鍋。これなくしてはババチャンを語れない。「鍋には身だけをいくら入れてもダメ。頭や骨でだしをきかせるのがポイント」と福本さん。骨の付いた片身をぶつ切りにして、頭とともにいったん湯通ししておく。鍋に湯を沸騰させて、ババチャンの頭を入れてまずだしを取り、醤油で味をととのえる。それからババチャンの身、豆腐、ざく切りのハクサイ、石突きを除いたシイタケ、エノキダケなどを順に入れる。アクを何回か取り除くことも大切だ。
ババチャンは身離れがよくて食べやすく、ほかの食材と仲よくできる淡泊な白身でもあり、鍋に不可欠な要素を十分過ぎるほど持ち合わせている。ポン酢をタレに鍋をつつくと、アンコウ鍋に負けないほどの複雑多岐味わいを堪能できる。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070622


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト