MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼肝味噌田楽で肝をとことん味わう

ドンコ食べることだけを目的に、わざわざ岩手県の海岸沿いまで足を伸ばしたことがある。ある漁師宅でドンコの肝味噌田楽をご馳走になった。これは手が込んだ一品だった。まずドンコの腹から肝を半分だけ抜き、これに味噌と醤油を加えて、すり鉢ですって肝味噌を作っておく。腹に残した肝半分をそのままにドンコを焼き、火が通ったところで肝味噌を両面に塗り、さらに焼き上げる。肝味噌の焼ける匂いの香ばしさが、待っている者には罪なほどである。一口をほおばり、もうそれだけでドンコの底力を思い知らされたのだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070591


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト