MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ドンコのフェロモンは肝にあり

ドンコ産地で漁師のご相伴(しょうばん)にあずかっているうちに、今やぼくもすっかりドンコ好きになってしまった。このどんくさい魚は、一度味わうと病みつきになるフェロモンを持っているにちがいない。産地に出かけると、まずドンコ料理を注文せずにいられないのだ。
そんなわけで、これまでに各地のいろいろなドンコ料理を食べてきた。味噌汁、肝煮、ドンコ汁、おろし汁、たたき、すまし汁、肝味噌煮、肝煎り。いずれも肝を巧みに利用している。そうなのだ、肝の尋常ならざる豊潤な風味が、漁師たちをドンコのとりこにしているのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070590


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト