MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼塩焼きもよし、煮付けもよし

カスベの料理法はどの浜もたいして変わらない。体表のヌルヌルを包丁でこくようにして落とし、ヒレの部分を三角の形に落とし、残りの胴体部分は捨てる。ヒレの塩焼きもいいし、煮付けもうまい。特にダイコンと一緒に煮ると、ダイコンに味がしみてしみじみとした味に仕上がる
肝を腹から取り出し、煮付けや刺身に利用する土地もある。ぼくは宮崎県日向の浜で、漁師が自分の肴用に用意していたカスベの肝の刺身を横取りしたことがある。その濃密にして底力のある味は今もって忘れられない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070408


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト