MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼月夜にはなぜエビ刺し網が禁漁なのか? 

イセエビは暖流が直接ぶつかる岩礁の多い浅い海に生息する。国内では茨城県以南から九州までに分布し、千葉、静岡、三重、和歌山、長崎の各県で多く水揚げされるイセエビ籠や素潜り漁でも漁獲されるが、多くはエビ刺し網漁による。そのエビ刺し網は必ず闇夜に仕掛けられる。産地のどこでも月夜には禁漁になる。なぜなのか? ある漁師はこう教えてくれたが、いまでも私は半信半疑でいる。「月夜は海の中が明るいので、イセエビに網がよく見えて、網にからまらないからだ」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070161


【辞典内Top3】 ▼マコガレイとマガレイの見分け方  ▼江戸っ子は20センチ前後のメソッコを最上とした  ▼殻の中に含まれるホヤの汁が隠し味  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト