MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼もっとも多く漁獲されるホソトビウオ

トビウオ科の魚は世界に60種類あり、日本近海だけでも約30種類が見られるという。そのうちわれわれが店頭で見かけるのは、ホソトビウオ、ツクシトビウオ、ハマトビウオの3種類。ホソトビウオは全長30センチに達し、腹部にやや丸みがあるためマルトビとも呼ばれ、わが国でもっとも多く漁獲される。全長35センチまで成長するツクシトビウオはホソトビウオによく似ているが、腹部がやや角張っている。そのためカクトビとも呼ばれる。ハマトビウオは全長50センチに達し、3種類の中でもっとも大型。前記2種類が北海道以南の沿岸に、ハマトビウオが東北以南の太平洋側に分布する。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070129


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト