MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ケガニが子供のおやつだった時代もある

今では北海道の高価なお土産としてすっかり定着しているが、ケガニが多くの人々に好まれるようになったのはそう古いことではない。食料が足りなかった第二次世界大戦中、長万部(おしゃまんべ)駅構内でゆでたケガニ立ち売りされ、それが大当たりしてから一般に知られるようになった。それでも漁獲量のわりに消費が伸びないため、昭和30年代後半まで産地ではゆがいてから乾燥させたケガニを畑の肥料にしていたと聞いたことがある。その乾燥ケガニをおやつ代わりに毎日のように食べていたという浜の高齢者も少なくない。今のカニ好きが地団駄踏むような話ではある。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070021


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト