MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

ルイス・キャロル
【るいすきゃろる】

ルイス・キャロル=ロリコン説

イギリスの童話作家ルイス・キャロルの本業は数学講師・英国国教会の聖職者で、本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンだ。一九歳のとき、オックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮に入り、卒業後は数学教師として生涯のほとんどを同学寮で過ごす。本業のかたわら、文芸作品を書いて寄稿した。クライスト・チャーチ学寮長の三人の娘たちと親しくなり、一八六二年、当時一〇歳の次女アリス・リデルとテムズ川でボート遊びをしたとき、彼女を主人公にした物語を即興で語ってやった。その後さらに話をふくらませ、一八六五年、『不思議の国のアリス』として出版した。さて、『不思議の国のアリス』のような童話の作者なら、さぞ純真な童心の持ち主だろう思うところだが、一時、ルイス・キャロルは、ロリコン男だったといわれていた。三一歳のとき、彼の名簿には一〇七人の少女の名が並んでいたといわれている。これらの少女たちを集めて、彼はよく写真を撮影した。彼は写真好きで、有名人の写真をたくさん撮影したが、それとともに膨大な数の少女たちの写真も撮っていたのだ。そのために彼は、劇団から様々な舞台衣裳を借りてきてそろえた。少女たちの写真には、自分の洋服を着たままのもあれば、舞台衣裳を着たものもある。そればかりか、服を着ていない、つまりは裸の写真も多数残されている。また、キャロルは少女たちの肖像画も多数描いた。現存しているのは着衣の絵のみだが、彼自身の日記から推して、明らかヌード画も描いたと思われる。写真でのことを思えば、当然推測されることだ。手紙などに彼が書き残した文章にも、「子どもは好きだ。男の子を除いて」「裸の子どもたちは本当に純粋で愛らしい」などの文面が見えるという。しかし、近年、の根拠が誤りであることなどが指摘され、これを否定する研究者も多い。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820955

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト