MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 鳥類

ヤンバルクイナ
【やんばるくいな】

その鳴き声は、ヒグラシに似ている

夏も終わりに近づいた夕暮れ時、昼間のセミとはちょっと違う、どこか涼しげな鳴き声が聞こえてくることがある。「カナカナカナ……」。そうヒグラシである。このヒグラシは、同じ日本でも、南の島々では確認されることは少なく、とくに沖縄本島はその分布域には含まれていない。奄美大島から沖縄本島にかけての一帯は中部琉球地帯といわれ、生息する動植物の種類も、本州や九州とは異なることが多い。しかし、古い文献などでは、沖縄本島にもヒグラシがいたとされているという。「カナカナカナ……」という鳴き声がその根拠だったようだ。ヒグラシはいないはずの沖縄本島で、なぜ昔の人はヒグラシの鳴き声を聞いたのか。実は、それは現在の天然記念物ヤンバルクイナの鳴き声だったのである。ヒグラシ同様、夏から初秋にかけて夕暮れどきともなると、複数の個体がまとまり、ヒグラシの合唱のようにけたたましく鳴くという。一九八一(昭和五六)年に発見されるまでは、この鳴き声がヒグラシのものと勘違いされていたと考えられている。なお、沖縄島北部に生息するヤンバルクイナは、一九八五(昭和六〇)年から二〇〇〇(平成一二)年までの一五年間で、その生息域面積が約二五パーセント減少、生息数も約半減したと考えられており、絶滅危惧種にあげられている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820921

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト