MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

山片蟠桃
【やまがたばんとう】

一九世紀初頭、地球外生命について言及していた「番頭さん」

現在でも人類が必死にその存在を確認しようとしている宇宙人、つまり地球外生命。ロケットや無人探査機が打ち上げられる現代にあってもなお、その答えは得られていないが、古代からピタゴラスをはじめとする学者たちのなかには、宇宙人はいると信じて疑わない人たちは少なからずいた。そして、こうした考えは、日本人の学者、それも江戸時代の学者にとっても例外ではなかったようである。江戸後期の大坂。大名貸である升屋の番頭だった山片芳秀(長谷川久兵衛、升屋小右衛門とも名乗る)は、商人であると同時に学者でもあった。儒学と天文学を修め、山片蟠桃というペンネームで『夢之代』を著している。このペンネームは、番頭という職業の音をそのままに「蟠桃」と名乗ったとされている。「蟠桃」は中国の書物に出てくる不老長寿の果実だとか。著書『夢之代』のなかで彼は、地球外生命について言及している。「太陽ハ天地ノ主ナリ。地は主ナラズ」と地動説に基づいた新宇宙論を提唱。現在の太陽系に近い惑星系をあらわし、火星、木星、土星とそれらの衛星には人間が住んでいるに違いないとした。同著では地動説を支持しているほか、神代史を否定し、無神(無鬼)論を展開するなど、江戸の封建制下にあって極めて実理的で合理的な持論を展開している。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820920

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト