MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 企業

ヤフー
【やふー】

定番サイト「Yahoo!」のそもそもの意味は?

インターネットで検索をする場合、よく利用するサイトといえば「Yahoo!」だが、とにかく変わった名前だと思ったことはないだろうか。「Yahoo!」を開発したのは、スタンフォード大学電気工学科博士課程の二人の学生、デビッド・ファイロとジェリー・ヤンである。二人は自分たちの興味が赴くままに、ネット活用の道しるべをつくった。一九九四年のことであるそして、いまのような、何かを調べたいと思ったとき、効率よく情報を探してくれるソフトウエアにしたわけだ。このまったく新しい概念によってつくられたソフトの名は、「Yet Another Hierarchical Officious Oracle」(もう一つの階級構造の気が利く権威者)の略からきているという。しかし、開発者二人によると、自分たちは自分たちのことを「ならず者」だと思っていたので、スウィフトの『ガリバー旅行記』に出てきた人間の形をした獣の名「yahoo」からとったという。いずれにせよ、素直なネーミングというよりは、少しひねりのきいたセンスによってもたらされたものといえる。興味深いのは二人の趣味である。二人はコンピュータ以外にも熱狂しているものがあった。相撲である。そこから、ファイロは自分のパソコンに「小錦」、ヤンは「曙」というニックネームをつけていたそうだ。一九九五年、ヤフーコーポレーションが設立され、本格的にYahoo!のサービスがはじまると、利用者はまたたくまに増えていった。日本では、一九九六年、日本のソフトバンク(株)と共同でヤフー(株)を設立し、日本語でのサービスが受けられるようになった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820918

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト