MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

八重干瀬
【やびじ】

一年に二、三回しか姿を現さない「幻の島」

姿を見せるのは一年に二、三日だけという幻の島がある。八重干瀬(やびじ)といわれる珊瑚礁群で、沖縄県宮古諸島の池間島の北、五から一六キロ付近に広がる辺りである満ち干きで出現するというくらいなのだから小さい島かと思うと、東西に約八キロ、南北に約一二キロ、周囲は約二五キロもあって、プロ野球キャンプなどで有名な宮古島と同じくらいの面積があるという。八重干瀬が日本では最も大きい珊瑚礁の島なのだ。日々の満ち干きでは出てこないのだが、一年に二、三日というその時期、いったい何が起こっているのだろうか。正式には答えが出ていないのだが、例年、春先に限り、気圧の関係で八重干瀬周辺の海域では干潮が激しく起こるときがある。とくに、旧暦の三月三日頃(太陽暦では四月中頃)が、その海面が低くなる大潮の日に当たるそうだ。大潮は、月と太陽が一直線に並び、潮の干満を起こす月の引力に加えて、太陽の引力が加わることで起こる。その影響で大きな干き潮が起こり、島があらわれるのだ。この珊瑚礁群の出現は、気圧の変化と大潮が起こす神秘的でロマンティックな現象である。最近では、予測もしやすくなっているので、ツアーなども組まれており、船からこの美しい珊瑚の島に足を踏み入れることもできるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820917

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト