MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

森?外
【もりおうがい】

実は、借りっぱなしのペンネームだった

たとえば、あなたがペンネームで小説を書いていたとする。すると、友人が勝手にあなたのペンネームで別の小説を執筆し、それが非常に高い評価を得てしまった。さて、あなたはどう思うであろうか。実は、それを地でいく文豪がいたのだ。それが森?外である。本名は森林太郎。石見国津和野藩主亀井家の典医の家に生まれ、一二歳で第一大学医学校(現・東京大学医学部)に入学し、二〇歳で卒業。陸軍軍医になり官費でドイツに留学し、陸軍医最高位の陸軍軍医総監と医務局長まで務めあげた。そんな立派な?外だが、実は「?外」は友人のペンネームを借用したもので、いわば借り物なのだ。彼自身は「観潮楼」という号を持っている。「号」とは、画家、文人、学者などが本名のほかにつける名前で、「雅号」のことである。わかりやすくいうならば「ペンネーム」のことである。一八九〇(明治二三)年に、留学時代の恋愛体験を下敷きにした小説『舞姫』を発表したが、そのときに、医者仲間で友人の斉藤勝寿の雅号「?外漁史」を拝借して「?外」と名乗ったといわれている。また、?外は一八九九(明治三二)?一九〇二(明治三五)年の小倉赴任中に「?外漁史」という蔵書印までつくっていたのだ。?外はその後も『ヰタ・セクスアリス』『雁』『阿部一族』『高瀬舟』など、次々と作品を送り出し、明治を代表する文豪となる。一方、森?外に「?外」という号を取られてしまい、あっという間に出世されてしまった斉藤勝寿は、それ以降「無名道人」と名乗ったそうである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820906

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト