MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

モーツァルトの子守唄
【もーつあるとのこもりうた】

作曲者はモーツァルトではない

有名な『モーツァルトの子守唄』は、最近は『フリースの子守歌』として表記されることが多くなった。ベルハントフリースという人物が、F・W・ゴッターの詞に作曲して一七九六年に発表をした曲だということがわかったからだ。それでは、このフリースという人物は何者なのかというと、モーツァルトとほぼ同時代にベルリンに住んでいた医学博士で、たいへんな音楽好きだったという。しかもモーツァルトの大ファンだったということで、曲調も似通ったものになったのだろう。とはいえ、なぜ後世にまで間違った作者名で伝承されてしまったのかは定かではない。間違い明らかになったのは一九世紀末から二〇世紀初頭にかけてで、この作品だけでなく、その昔の各種作品の真贋論議が盛んにおこなわれるようになった。そのときに、たまたまハンブルクの図書館からこの子守唄の草稿が発見されて、そこに「ゴッターの子守唄、フリース作、一七九六刊」とあったのだ。このことがなければ、モーツァルトの作品とされていたわけだが、題名も違っているのだから不思議なものだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820900

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト