MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人体

盲腸
【もうちょう】

実は右下腹部の痛みは盲腸ではない?

右下腹部の痛みがあるという人がいると、日本人なら誰しもがつい、「盲腸じゃない?」といってしまう。盲腸は、ある意味、私たち日本人には身近で、現在ではあまり心配のない病気でもある。正式には急性虫垂炎というが、よっぽど悪化させてしまってひどい状況にならない限り、手術も比較的簡単な病気なのだ。ところが、この「盲腸は右下腹部の痛み」の常識が、実は必ずしも盲腸の痛みではないという。本当の虫垂炎の痛みは、むしろ右下腹部の痛みからはじまるケース少ないようだ。一般的に、急性虫垂炎はミゾオチの痛みにはじまって、腹部全体の痛み、左下腹部の痛みへ移っていく。右後ろの腰痛も多く、右下腹部痛に至ったときにはかなり虫垂炎が進んだ状態であるという。炎症を起こす虫垂突起は実際には右下腹部にあるのに、なぜ最初にミゾオチに痛みが来るのかというと、この辺りに自律神経のツボのようなものがあって、そこに炎症の痛みが投影されるからだそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820899

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト