MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

三毛猫
【みけねこ】

オスの三毛猫が生まれる確率は、数万分の一!

ネコの模様といえば三毛、トラ、ブチなどが定番だが、三毛とはその名の通り三色が入り交じった模様ということだ。といっても何色でもいいわけではなく、基本的には大きく二種類に分かれている。一つは「黒・白・茶」の組み合わせ。もう一つが「こげ茶・白・茶」のパターンだ。おもしろいことにこの三毛猫、メスばかりでオスはほとんどいない。というより、オス猫で三毛の模様になることはほとんどないのである。これには遺伝子が関係している。ネコは人間と同じように、X染色体とY染色体で性別が決まる。XXはメス、XYはオスになる。そして、白以外の色を決める遺伝子はXにだけあり、黒か茶色のどちらか一色の遺伝子を持っている。メスにはXが二つあるので、「黒黒」「黒茶」「茶茶」という組み合わせができる。このうち「黒茶」というものが、遺伝子の別の部分から白の形質を受け継ぐ三毛猫ができ上がるというわけである。オスはXが茶なら茶色に、黒なら黒に決まってしまうため、ほかから白の形質を受け継いでも三毛にはならないのだ。ごくまれに、染色体異常によりXXYという遺伝子を持ったオスが生まれることがある。その確率は数万分の一といわれている。ただし、そのオスには遺伝子に異常があるため、生殖能力がないことがほとんどである。また、頭だけ白かったり尻尾だけが白い猫はいないのは、色を白くする遺伝子は胴体部分に優位にはたらき、頭と尻尾は後まわしになるからである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820859

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト