MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

みかんの缶詰
【みかんのかんづめ】

缶詰のみかんの薄皮は、どうやってむくのか?

お正月に炬燵でミカンという懐かしい日本の原風景はあるものの、いまでは年間を通して缶詰という形でいつでも手に入る。これを器に移してそのまま食べるにしろ、フルーツポンチの中身として加えるにしろ、つくづく眺めて思うのは、どうしてこんなにきれいに、白いスジまで取れているんだろうということだ。これは大量生産の工場だからできることで、すべて機械作業でおこなわれている。まず外果皮は、蒸気を当てて柔らかくしてから、軽く傷をつけて溝つきローラーの上を転がすと、はがれるようにしてむける。外果皮がむけた固まっている房は、水圧によって一つひとつの房に分ける。さてここからが一つひとつの房の薄皮のむき方だが、一般的に袋と呼ばれている内果皮は、酸とアルカリの溶液の作用で溶かしている。溶液は、もちろん食品添加物として認可されている、ごく薄い溶液である。一つひとつばらばらになった房を最初に薄い酸の溶液のなかを流す。三〇〇メートルの長さを三〇分から四〇分かけ、ゆっくり流す。房の一つひとつを壊さないためだ。次にそれを同じようにアルカリ溶液のなかを一五分から二〇分かけて流して、内果皮を溶かし続けると同時に中和作用もおこなう。最後に五〇分かけて一八度程度の水のなかを流すことで、実を引き締めながら、最後の洗浄でスジまできれいになくす。これで粒のそろった缶詰用の実の完成だが、使われている温州ミカンは、生食には向かない小粒が選ばれている。生産地によって内果皮の厚さに差があったりするので、内果皮を溶かす溶液の濃度も違うという。たとえば九州産ミカンの内果皮を溶かす溶液のなかに静岡産ミカンを流すと、なかの実まで溶かしてしまうそうだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820857

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト