MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 国・島・都市

パキスタン
【ぱきすたん】

パンジャブの「P」、アフガンの「A」、カシミールの「K」が入った国名

パキスタンという国の名前は意外に歴史が浅い。一九三三年、「Now or Never」(「いまこそ」の意)というパンフレットを作り、イスラム教徒の多いこの地域にイスラム連邦国家を建国するように訴えていたチョードリ・ラフマト・アリーという青年がつけたといわれている。「PAKISTAN」とは、パンジャブの「P」、アフガンの「A」、カシミールの「K」、シンドの「S」、バロチスタンの「TAN」を組み合わせて、さらに「K」と「S」の間に「I」を入れて読みやすくしてできた名前だという。当時はイギリスの植民地であったインドパキスタンでは、独立の気運が盛り上がっていた。しかも、インドの独立は目の前にある。しかし、インドにはヒンドゥー教徒が多いため、インドパキスタンが統合してしまうと、イスラム教徒は少数派になり、結局ヒンドゥー教が優勢になってしまう。そのため、一九四七年、インドイギリスから独立すると同時に、パキスタンインドから独立した。民族の独立のためではなく、宗教が理由となって独立したケースは実は珍しい。なお、一九六〇年に定められた首都の名も「イスラマバード」(「イスラムの家」の意)と名づけられた。カシミール地方の奪い合いは、インドパキスタン(と中国)の間でいまだに続いており、両国の紛争はなかなか絶えることがない。現在のところ、その領土は、カシミール地方の三分の一がパキスタン、三分の二がインドとなっている。両国の宗教が共存する日が、いつかやってくればよいのだが。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820696


【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト