MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

白書
【はくしょ】

外務省のみ「青書」、加えて「黒書」もあった

各省庁がその活動や現状や課題などを国民に報告するために、毎年発行する「白書」。発表される白書の表紙は、確かに白い紙に「○○白書」という題字と年度と発行省庁の名が印刷されているだけである。白書は、イギリス政府が発行している公文書にならって発行されるようになったもので、名称も「ホワイトペーパー」を直訳して「白書」と名づけられた。しかし、なぜか外務省だけは白書とは呼ばずに「外交青書」という。どうしてだろう。実は、一九五七(昭和三二)年に『わが外交の近況』として外交青書が創刊されたとき、表紙に青い紙が使われ、それがしばらく続いたので、外交青書という通称ができたのだ。表紙に青が使われたのにも理由があって、一七世紀末の英国議会に端を発している。一七世紀の英国議会では外交官などの報告書、レポートをすべて青い表紙で刊行し、それらを「ブルーブック」と呼んでいた。それを日本の外務省が取り入れたのである。ただ残念なことに、英国議会でも現在では青い表紙の刊行物を発行していないという。ところで、正式には『わが外交の近況』といった日本の外交青書、現在では外務省のホームページを見ても『外交青書』となっているから、通称から昇格したらしい。余談になるが、「黒書」と名づけた本が発行されることがある。政府に批判的な立場から行政の実態や調査結果をまとめたものや、特定の業界の裏事情をテーマとする場合などに使われる。表向きとは違う観点に立っていることを強調するために、政府発表の「白書」に対する比喩として「黒書」という言葉がつくられたのだろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820697

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  冷奴  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト