MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 野菜・フルーツ

マスクメロン
【ますくめろん】

「マスクメロン」の名の由来は、シマシマの「マスク」ではない

メロンの品種には皮がツルツルのタイプと網目の入ったネットタイプとがあるが、マスクメロンネットタイプのなかでも最高級品である。一株につく実のうち、一つだけを残してあとは摘果、大切に育てていく。外国産メロンをここまでおいしくできる日本の栽培技術は誇りを持っていいものだ。皮よりも中身のほうが早く生長するため、内側から皮に圧力がかかることで皮にコルク質のネットが入る。基本的に、きれいにそろったネットが入っているほうが香り高く、味がいいといわれる。マスクメロンの特徴は、そのねっとりした口あたりと甘さにあるが、さらに香りのよさが持ち味だ。マスクメロンという名も、その香りがムスク(麝香=ジャコウジカから抽出した成分をもとにしたフレグランス)に似ているところからの命名だ。マスクメロンは強い芳香のあるメロンの総称として使われているが、日本で栽培されて出回っているのは、「アールスフェボリット(伯爵のお気に入りという意)」という品種である。名前の通りイギリスの伯爵家の農園でつくり出されたが、いまはイギリスでは栽培されていないという。イギリスサッチャー首相(当時)が来日した折の晩餐会でデザートに出されたとき、彼女が味を絶賛したというから、日本のマスクメロンのうまさは本家のお墨付きといえる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820831

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト