MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

マザー・テレサ
【まざーてれら】

ユーモアか本音か?グサリと皮肉をいう「インドの母」

コルカタの貧しい人びとへの奉仕でノーベル平和賞を受賞(一九七九年)したマザー・テレサは、本名をアグネス・ゴンジャ・ボンジャヒュー(「花のつぼみ」の意)といい、旧ユーゴスラビア(現・マケドニア)で生まれた。インドを訪れ、ロレット修道会が設立したスクールで地理を教えていた彼女は、やがてコルカタを訪れ、スラムに「死を待つ人びとの家」を設立する。行き倒れの人を収容する奉仕施設である。同地でテレサは、当初の目的だった貧しい子どもたちへの奉仕活動をおこなっているとき、行き倒れの人を見つけて病院へ連れていったが引き取りを断られ、薬を買いに行っている間に亡くなってしまうという経験をした。それなら自分たちで最期のときまで面倒を見るしかないと設けたのが、この施設のはじまりだったようだ。テレサが「死を待つ人びとの家」設立の母体とした「神の愛の宣教者会」が、一九五〇年に正式な修道会としてバチカンに認められると、彼女の名は一気に世界に広まり、神と人間に奉仕する聖女としての名声を高めていく。そんな状況になっても、彼女は驕ることなくつましく暮らし、要望があればどこへでも出向いて講演をおこない、貧しい人びとの状況を伝える伝道師の役を務めた。そうした場の一つ、一九七六年にカナダのバンクーバーで開かれた「国連人民居住会議」でのこと。貧民の苦境を語った後、列席していた当時のトルドー首相に、「あなたももっと質素な服を着て、粗末な食事をすれば、国民もそれに従って多くの人が救われます」と笑顔で声をかけた。このセリフは彼女独特のユーモアだったが、首相はその場では苦笑するしかなく、翌日にはノータイ、ジーンズ姿で会場に姿を見せたという。また、アメリカでは肥満の大学教授に向かって「お腹の脂肪を貧しい人に捧げて」といったなど、本人に悪気はなくても、いわれた本人はグサリと胸に刺さるような皮肉に聞こえるユーモアが、テレサのセリフの特徴の一つだったようである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820830

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト